人生に必要なことは全て犬で学んだ
ホーム > コールセンターシステム > コールセンタ―システムの導入方法

コールセンタ―システムの導入方法

次にコールセンターシステムを購入することなく、ライセンス料金のみで運用する方法があります。この場合、多くはクラウドによるサービスの提供となります。クラウドによるサービスであるため運用に必要な情報は外部に設置しているコールセンターシステムへ通信機器を通じてアクセスする必要があります。外部への通信であるため、通信の暗号化やVPN(仮想専用線)によってセキュリティを担保します。

サービスの提供であるため運用するサーバ等のメンテナンスはサービス提供会社によって行われるため、メンテナンスコストを気にする必要がありません。

月々のライセンス料金を支払ってサービスの提供を受ける形での運用が実現します。

加えて、使用するライセンスを増やしたい場合も柔軟に対応できる利点があります。

ただし、クラウドサービスであるため、『自社専用サーバ』であるのか『共用サーバ』であるかが見えない点が挙げられます。

仮に『共用サーバ』であった場合、運用上のサーバ負荷も共用する形となり、自社運用において不都合な場合も考えられます。

しかし『自社専用サーバ』であれば1社の専用サーバであるため、サーバの負荷がかからない運用によりこれを回避する事ができ、かつ独自の機能追加等の開発面においても有利な状況が得られます。

コールセンターシステムをクラウドで検討するならば『自社専用サーバ』を選ぶのが得策と考えられます。

コールセンターアウトバウンドのことなら、迷わずオープンコムへ。